誰でもすぐ出来る仕事が早く丁寧に終わる方法

仕事が早く丁寧に終わらせるには

仕事を進めていく為のポイント

仕事が早い人と遅い人は、仕事の進め方・考え方が違います。 仕事が早い人は、段取りから作業を早く行う為の方法を知っています。 また、仕事には種類を把握して、重要な事・緊急な事・あまり重要ではない事と分けて取り組んでいます。 これは、仕事内容を理解しているからこそ判断できることなのでとても大切なことです。

イメージが大事

自分は仕事が遅いからと決めつけたりしていませんか。 これって、考え方を少し変えるだけで意外と早くなったりします。 マイナスな、自分にはできない、この時間じゃ無理、今日も絶対残業などの考えを切り替えるだけで、不思議と効率よく時間を使うことができるようになり、結果仕事も早く終われます。

仕事が早いと損してしまっている

仕事をしていくうえで、遅い人に比べて早い人のほうが損しているのではないかというイメージを持ってしまいやる気が下がっていませんか。 そう思ってしまいがちなんですが、実は、仕事が早いのは得をするんです。 仕事が早いと、どんなメリットがあるか考えてみましょう。

仕事が早い人

仕事を早く丁寧に終わらせたいときこそ必要なステップがあります。
スピードを重要にして進める仕事だったり、丁寧に進めることが重要だったりと、その仕事に応じて進め方を考えている方もいれば、スピードはないけど丁寧さなら自信あるという方もいると思います。
しかし、スピードと丁寧さ両方を備えた人もいます。
真逆の言葉のようですが、この2つは両立することができますので、丁寧に早く仕事を進めることは可能になります。
その為のポイントを2つ紹介します。
まずは、確認を怠らないという事です。
どうしても時間がなかったりすると最短で仕事を終わらせないと、と思います。
しかし、この最短で仕事を進めるということは、行うべき作業を少し飛ばしてしまったりして時間短縮をすることになります。
例えば、毎回している確認作業、今まで確認してきていても特別問題は発生したことはないので、今回はその確認作業をスルーして次に進んでしまうということです。
最短でという意味では、この作業を除いたことで時間は短縮になりますが、万が一、こんな時に限って後日問題が発生したら大きなロスにつながるでしょう。
その時は、面倒に思うかもしれませんが、作業を飛ばさなければ防げたことになりますので時間短縮とはいえ、きちんと仕事を進めることは重要です。
仕事が丁寧で早い人というのは、このような内容をわかったうえで仕事を進めています。
次のポイントは、ミスの原因は見逃さないということです。
ミスの発生や、後々の確認作業は、仕事が遅くなる原因の1つです。
どちらも、事前に対策をすることで余計な時間を取られることはなくなります。
仕事を丁寧に進めるということは、このような予防策を事前に行うことができるかということになりますので、注意力を常にもち、状況チェックをしていくことが必要です。
このように、丁寧な仕事をするということは最終的には最短で仕事を進めるということにつながります。