>

イメージが大事

仕事が早い人の感覚を真似してみる

仕事が遅い人がよく考えることは、仕事がやってもやっても終わらないとか、この時間ではこれしかできないなどというマイナスなイメージです。
実は、このイメージは、単なる思い込みの可能性が大きいです。
思い込みなので、本当は早く仕事がこなせる力はあるという事です。
そのイメージを外す為には、周りにいる仕事が早い人の感覚を真似することです。
仕事が早い人を観察したり、話をするだけでも違ってきます。
ある1つの仕事を与えられたとき、この時間内じゃ無理だなと思ってしまう自分がいるにもかかわらず、早い人はその時間があれば余裕でできるよと思っています。
ここで捉え方で注意すべきは、あの人はできるのに自分はできないという比較するのではなく、できる人がいるという事は自分にもできると考えてトライしてみましょう。
どうしてできるのか、早い人の仕事の進め方を観察して学んでいくことで自信につながります。

イメージトレーニング

仕事を進めるうえで、イメージトレーニングも大切です。
出勤時、今日も残業になりそうだなと思っていて、残業は嫌なのにやっぱり残業になってしまうということありませんか。
意外と、残業イメージで仕事をしていると仕事中も無意識に残業する前提で仕事に取り掛かっていて、結果残業になるというパターンが多いです。
時間通りに仕事が終わるというイメージを現実的に持っているだけで、仕事中の動きはインプットされそれに従い動きます。
試しに、明日朝は何時にすっきり起きて、歯磨きするというイメージを持って寝てみて下さい。
翌日、スッキリ目が覚めてスっと洗面所に歩いていって歯磨きするでしょう。
これと同じ感じで、今日の仕事は何時に上がって友人に会うとかイメージしてみて下さい。
自分の意識で早く終わらせようとすることもありますが、不思議と運よく仕事がまわったりで時間通りに終われるようになるでしょう。


この記事をシェアする